カテゴリー別アーカイブ: Flickr

一足お先に

Flickrがこの間変わったんですよ。
なんかFree account、Ad Free、Doublr accountって3つに分かれたんですよ。
Freeでも容量が1TBある。Flickrのトップページに広告が表示されるっぽい。
Ad Freeは1年間$49.99、広告の非表示。
Doublrは容量が2TBになって、1年間$499.99、広告の非表示。

Pro垢のお布施は自動更新になってたから本当なら2014/05/17まで従来のPro垢に出来たんだけど、ちょっと前にお布施の事を失念してpaypalからごっそり引き出しちゃって「お布施払ってよー」メールが来てから気がついた。入金のアテがなくもなかったけどようはタイミングの問題で。思ったよりも入金のタイミングがズレてきちゃって、せめて3ヶ月分でもお布施できればよかったんだけどあと少し残高が足りず、困ったなーここは一旦フリーに戻してお布施払うか?と覚悟を決めたところに今回のFreeは1TBよーんっていう改訂。
8/20までにPro垢をステイにするかFreeにするか決めろってのがあるらしく、おろおろしてるうちにこのままお布施を払わないなら6/1からFree垢になりまっせーーーってメールが来て、それならもうFreeでいいや〜ってFreeを選択した。
$24.99だったのが$49.99だしねぇ、うーん、そんなに掛けられないかなぁー今円安だし。

まぁそんなこんなで一足お先にFreeアカウントになりますた。

50枚

今日久々にFlickrにうp。
といっても写真じゃなくて、キャプチャ。

今年は本当に撮ってなくて、今日のキャプチャのうpが今年50枚目だったという事実!
まーじーでーぇええええ〜〜ってな感じだ。
少し前に、今年は全然うpしてないことよよよよよ….とチェックした時は49点のだったかそうか。
アーカイブ見てみると、ダントツに2012年アップの枚数が少ないのが判る。月のアップ数が1ケタだからそりゃ少ないのは一目瞭然だわ。
年末のFav上位モザイクとか無理ぽいので紅葉写真とか未現像を年内にどうにか….出来そうな気がしないな。まぁ年末に考えるか。年末までに少しはコンデジででも撮る努力をせねば。
まだ新兵器のIxy 600Fを使いこなせてないのでねぇ。精進精進。

Flickrの新機能

Photostreamの各ページのcopyright表示の下に
“Request to license ◎△☆’s photos via Getty Images”:(Getty Imagesで#@%&のこの写真を認可すると要求する)
もしくは、自分の写真の場合は、
”Want to license your photos through Getty Images?”:(Getty Imagesを通してあなたの写真を認可したいですか?)
という文章のリンクがあります。

これはGetty Imagesの中の人に『この写真を見て!そして招待してプリーズ!』というプログラムのリンクです。Getty ImagesのFlickr Collectionは招待制ですから、これまではFlickrに置いている写真をGetty Imagesで売りたくても招待されないことにはどうにもできませんでした。それを撮った本人や写真を見た人が『この写真を売りたい』とか『この写真を売って欲しい』から『ぜひ、招待をして!』と要求を送るわけですね。

“Want to license your photos through Getty Images?”の場合。
リンクをクリックするとアカウントページのこのプログラム関連のページへ飛びます。
オプションが3つあり選択できます。

1)”Request to License”というバッジを表示させて、写真を見た他人が招待を要求できる。招待を受けるかどうかは写真の著作者が決められる。
2)自分で招待を要求する。
3)ライセンスを希望しない

“Request to license ◎△☆’s photos via Getty Images”の場合。
リンクをクリックすると、Getty ImagesにあるFlickr Photo requestページに飛びます。サインインをするか登録してリクエストを提出するようです。Getty Imagesに会員登録していないとリクエストを出してライセンスされても購入できないですしね。

今回のこの機能は、完全な招待制のGetty ImagesのFlickr Collectionへ自薦他薦を可能にさせたのですね。すでに販売をしている私のようなメンバーには自薦する為の別のグループがありますから、この機能を使うことはないでしょう。

それにしても、リクエスト後迅速に処理します的なことがリクエストするページに書いてあるのだけど、契約書の到着を待たないってことだと思うのだけど、大丈夫なんですかねぇ。送り忘れになったらどうするんだろうか?
いや〜私が招待を受けて書類を提出した1月以降よくディスカッションで「自分の写真が販売されない、どうなってんだ!?」って書き込みが多くあり、書類の提出をしていない人も相当数いたらしく、中の人が何回も「書類を出して!」とアナウンスしていた気がします。
このプログラムでも同じことが起きそうな気がするんだけど……心配し過ぎかな。

ぺたぺたぺた

最近自分のflickrでは「コメントコードと招待コード」撲滅キャンペーンを実施中です。昨年の秋から時々やっています。ぺたぺた貼られるコードがうっとおしくなりましてねぇ。そもそものきっかけはコメント時に5つも6つも招待コードを貼ってくる人が数人いらっしゃいまして、それに閉口したってことです。
コードを貼るのを必須にするってまぁわからなくもないです。グループのpoolの画像も見ましょう..とか、メンバーに誘いましょう..とか、自分のphotostreamへのアクセス向上..とかいろいろと意味はあるんだけど、コードを貼ることだけが目的になりかねないですからね。いや、実際一時期の私はそうでしたね。貼られたコードに対応したりグループにpostしたからコードを貼って回ったり。そんなことに振り回されてるといつの間にか時間がかかるようになっちゃうんですよ。
で、まあよするに、疲れた…..とそんなわけだったり。
そんなわけでコード貼ったせいでコメントが削除されてもご理解のほどを!……ってここで書いてもなあ、あんまり意味ないかなあ(笑)

激重でイラッ

年に何度かあるんだけど、flickrが激しく重くなる件。
今夜がそうでした。
21時過ぎにflickrの自分のphotostreamを開こうとしたんだけど、画像のほとんどが表示されずステータスバーに表示される読み込んだ項目数も途中でびたっと止まり結局タイムアウト。
リロードしても全然読み込まない。
そのうちに眠くなって来て、ふて寝してみた。
日付があと30分で変わっちゃうぞという時刻に目覚めて、もう一度flickrを覗いてみるも、やはり同じ結果。
あ、そうそう。Helpフォーラムに画像のローディングが遅いときはこれやってみてね的なトピがあるんだけど、そのトピにリンクされてるflickrの各サーバーのローディングテストがあって、このテストは全部greenのチェックがつけばサーバー側の問題じゃないってことになるらしい。
やってみると、全部greenにはならんかったよ。
サーバーに負荷がかかってるってことかな。メンテナンスでもやっているんだろうか〜。そういえばflickrって「この日のこの時間帯は作業するから閲覧しにくいかも、ごめんね」って類いのアナウンスはしないね。
明日の朝には見られるのかなー。

静かな日々

あるグループのadminを辞めた。
それ以来こころ静かな日々がやってきた。
新設のグループだったから、最初に決めたコンセプトから外れないようにグループを導いて行く必要があったのだけど、道半ばで放り出すことになった。
グループ開始当初adminは6人おり、複数でadminをすれば個々の負担が分散されるであろうと思っていたがそんなことはなかった。グループ運営に積極的でない人が存在すると、負担増である。
だんだんとグループでの作業が精神的に負担になっていき、flickr自体も楽しめなくなっていった。たくさん参加していたグループをやめ、コンタクトもどんどん切っていき、そしてadminをやめてやっと落ち着いた気がする。許容範囲を超えていたらしい。それも一因かも。
一時期、flickrを一度すっぱり辞めてみるか?と思ったんだけど、プロアカウントを更新したばかりでそういう訳にも行かず、おかげで悩み苦しむ日々が続いてしまった。なんとタイミングの悪いことだろうと我が身を呪うけれど仕方がないのだった。
これからはささやかにflickrを楽しんでいこうと思う。

暗黙のルールなのか?

flickrを始めてはや3年半。
あっという間ですなあ。
実は前々から気になっていたことがあるんです。
コンタクトの人々やグループの人々やExploreに上がった人々の画像に星付けたりコメント入れたりするとお返しに訪問する人が割といらっさる気がするんです。
そーゆーもんなんですかな?
私はどうしているかというと、コンタクトページの画像を見て「おや?」と気になった時に見に行ってるんです。コンタクトの人でもよく見に行く人とあまり見に行かない人といますね。
とてもこまめに来てくれた人のところへ見に行くってこと出来ない。そんなんしてたら時間がいくらあっても足りやしない。でもそれをやっている人がいるんですよねー。もしかしたら来てくれた人のところにだけ行っているのかもしれないけども。どっちにしろ、えらいわぁ〜すごいわぁ〜と感心しているのでした。
お返しに訪問するって実は暗黙のルールなんですよってなってないことを祈る私です。
気分で動く性格にはそんなのムリだもーん。