タグ別アーカイブ: ラベンダー

だめだった〜

ローズマリーの水差し(正確にはゼリーか)は失敗に終わりました〜。

逆に鉢植えの方は健在なのでした。
相変わらずちと貧相な感じではあるけれども、2年3年と経つにつれ繁ってくれることを願って大切に育てることにしましょう。
花も見たいゾー!

そして今まで触れなかったけれども、ローズマリー同様極限まで切り戻して放置していたラベンダーがいつの間にか新芽を出し、1本だけ花を咲かせました。新芽が出て来ているのに気がついて水やりを続けていたんだけど、まさか花をつけてくれるとは思わなかったです。
すごいね、根が生きていたのか新たに根が育ったんですね。
素晴らしい生命力。
同じ鉢に残っているローズマリーはもうダメな様子。でもそれでいい、狭い鉢に同居は可哀想だもの。
別々に大きく育って欲しいな。

ラベンダーに花が!

昨年、強剪定というかほとんど根だけに近い状態にまで切ったラベンダーの親株から新芽が出て、つぼみがついて開花しています。
わすかに2本だけですけど。
ローズマリーの方は少し新芽が出て来ていたけれど枯れてしまいました。挿し木の方が定着しているので文字通りの株の更新になっています。
挿し木のラベンダーは枯れてしまったので、これでプラスマイナスゼロというところでしょうか。
枯れたローズマリーの親株を鉢から掘り出そうと思ったのだけど、ラベンダーの根と複雑に絡んでいるようで断念しました。
もし根がもう生きていない場合は朽ちていくでしょうからそれをそっと待つことにしましょうか。ラベンダーにはかわいそうかな。でも抜き出すのも無理っぽいしなあ。
うーん、、、。

挿し木

ローズマリーとラベンダーの挿し木をしました。
年末に切り取った枝から根が出たものの中から、ローズマリー7本とラベンダー3本。ラベンダーは水差しでは発根率が低いのでしょうか、あまり根が出ませんでしたね。ローズマリーは正反対でとてもよく根が出ます。直接土に挿し木でもよく根が出るかもしれませんね。
この挿し木の枝の親株に新芽が両方とも出始めました。
どちらも木質化するほどりっぱになっているのだけど、とても窮屈そうです。別々に植え替えてやろうと思います。
これまで元気に育って来てくれたのだし何年でも花を見せて欲しいなぁ。

根が出てきた

年末に切り取ったローズマリーとラベンダー、水差しにして根が出るのを待っていました。
ちょっとだけ液肥も入れてじっっと経過観察の日々でしたが!
少しずつ出てきています!
中にはもう根が3cm以上のびているのがあったり、出始めたばかりっていうのがあったりいろいろです。
冬だしちょっと心配でしたが良かったー、これで絶える事なく育てられそうです。